こんにちは

美姿勢インストラクター宮前康子です。

運動を通して生活習慣の向上(クオリティ・オブ・ライフ)を提供しています。

今回はピアノ演奏に大きく影響を及ぼす姿勢についてお話ししますニコニコ

私が現役の頃の練習方法はとにかくピアノを弾くことビックリマーク

練習練習練習漬けで受験前は6〜8時間ピアノを弾くのは当たり前あせるその練習が自信につながったので無駄なことだったとは絶対にないと思いますが笑い泣き

この仕事についてから

正しい姿勢

健康寿命、運動寿命を延ばす

肌や見た目の美しさ

メンタルへの影響

だけではなく

演奏家を志す、芸術に関わる人たちにも

伝えられることがあると強く思いました!!

下の図をご覧ください下矢印

スーパーフィシャルフロントアームライン

ディープフロントアームライン

デープフロントアームライン

アナトミートレインと呼ばれる

筋膜繋がり、張力感じ合うラインがあります。

そのうちの浅層、深層アームラインという

筋膜の繋がりになります。

身体中に張り巡らされた筋・筋膜の網を通して

姿勢や動作の安定がどのように得られるか解剖学的見解から編み出された理論です。

※難しい話をしようと思えばいくらでも難しくできるのですがここは簡単にわかりやすく噛み砕いて伝えます。

下肢からの体幹の力を手部へ伝えること

手首や指をコントロールする筋肉の安定

図を見て

腕だけではなく

胸側、背中側の筋肉も大きく影響するのがわかりますびっくり

そしてこの胸側、背中側の筋肉が

とても重要なポイントになります!!!!

自身の使い癖によって起きた

筋肉の緊張を緩めアップ

姿勢の崩れを

本来の正しい位置、正しい姿勢へ戻しアップ

正しい姿勢を維持する筋肉を強化することキラキラ

指先の動きがさらに良くなっていくのですアップアップ

正しい姿勢で

指先で奏でる強弱だけではなく

より細かいより繊細なタッチができます音譜音譜

正しい姿勢で

集中力が増すことで

より質の高い練習ができます音譜音譜

私のようにダラダラ練習する必要はなくなります笑い泣き

正しい姿勢で

メンタルがポジティブになることで

練習で自信がつくだけではなく

曲に対する表現力が豊かになります音譜音譜

こんなに魅力的なことはないでしょうラブキラキラキラキラ

もちろん

肩こりや腱鞘炎、腰痛予防にも繋がりますビックリマーク

ピアノ演奏だけではなく、楽器を演奏する方皆さんに共通すると思います音符

私は練習をひたすらしてピアノを弾くことすら嫌いになってしまったこともありますショボーン汗

こんな気持ちになって欲しくない雷

一人でも多くの

今練習を頑張っている

子供達、演奏家おねがい

それを支える

親御さん、指導者の方々ニコニコ

ピアノを弾くことの

楽しさラブラブ

充実感ラブラブ

達成感ラブラブ

を感じてもらえるように

美姿勢インストラクターとして

トレーニングで正しい姿勢へ導き

様々な体の変化が感じられることを

発信していきます晴れ晴れ

次回は声楽発声にどのような変化が現れるのか

具体的にあげていきますグッ

お楽しみにおねがいラブラブ

もうすでに練習することが嫌いになっていた私てへぺろ

パーソナルトレーニングジムMovereムーバーHP

https://1up-motivation.com